web design test Labo

「好きなこと・興味がわいたこと」を時々「お勉強させて頂いてます!」

黒蜥蜴 女賊と名探偵

段落

その晩、ホテルの広々とした談話室は、夕食後のひとときを煙草や雑談にすごす人たちでにぎわっていた。部屋の一隅にそなえつけたラジオが夜のニュースをつぶやいていた。クッションに深々ともたれて、顔の前に夕刊を大きくひろげている紳士が、あちらにもこちらにも見えた。円卓をかこんだ外国人の一団の中からは、アメリカ人らしい婦人の声がかん高く聞こえていた。

それらの客の中に、岩瀬庄兵衛氏とお嬢さんの早苗さんの姿を見わけることができた。黄色っぽい派手な縞お召めしの着物に、金糸きんしの光る帯をしめ、オレンジ色の羽織をきた早苗さんの、年にしては大柄な姿は、和服の少ないこの広間では非常に眼立って見えた。服装ばかりではない。

フォトライフ

大阪風におっとりとした、抜けるほど色白な顔に、近眼らしく、ふちなし目がねをかけているのが、ひときわ人眼をひかないではおかなかった。


お父さんの岩瀬氏は、半白はんぱくの坊主頭に、あから顔にひげのない、大商人らしい恰幅かっぷくの人物だが、彼はまるで、お嬢さんの見張り番ででもあるように、彼女の一挙一動を見守りながら、そのあとをつけ廻していた。


ブロック

こんどの旅行は、商用のほかに、この都の或る名家と縁談がまとまりかけているので、引き合わせのために早苗さんを同伴したのだが、折も折、ちょうど出発の半月ほど前から、岩瀬氏は、ほとんど毎日のように配達される、執念ぶかい犯罪予告の手紙になやまされていたのだ。

大きい画像

なさい。お嬢さんを誘拐しようとたくらんでいる、恐ろしい悪魔がいます」
 そういう意味が、一度一度ちがった文句、ちがった筆蹟で、さも恐ろしく書きしるしてあった。手紙の数が増すにしたがって、誘拐の日が一日一日とせまってくるように感じられた。

罫線


h1見出し

はじめのうちは、だれかのいたずらだろうと、気にもかけないでいたが、たびかさなるにつれて、だんだん気味がわるくなって、ついには警察にもとどけた。だが、いかな警察力も、このえたいの知れぬ通信文の発信者をつきとめることはできなかった。手紙にはむろん、差出人の名はしるされていなかったし、消印も或いは大阪市内、或いは京都、或いは東京と、その都度ちがっていた。
ABCDEFGHIJKLMabcdefghijklm1234567890

h2見出し見出し見出し見出し見出し

そういう際ではあったけれど、婚家との約束を破るのもはばかられたし、いやな手紙の舞いこむ自宅を、しばらく離れてみるのも好ましく思われたので、岩瀬氏は意を決して旅に出ることにした。
ABCDEFGHIJKLMabcdefghijklm1234567890

h3見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し見出し(*)

そのかわりには、用意周到にも、万々一のことがあってはと、かつて店の盗難事件を依頼してその手並みのほどを知っている、私立探偵の明智小五郎に、令嬢の保護をたのむことにした。探偵はあまり乗り気でもなかったけれど、岩瀬氏のたっての頼みをいなみかねて、彼らの滞在中、隣室に泊りこんで、この奇妙な盗難予防の任務につくことになった。
ABCDEFGHIJKLMabcdefghijklm1234567890

h4見出し(**)

その明智小五郎は、細長いからだを黒の背広に包んで、同じ広間の別の一隅のソファに腰かけ、やっぱり黒ずくめの洋装の一人の美しい婦人と、何か低声に語り合っていた。
ABCDEFGHIJKLMabcdefghijklm1234567890

h5見出し(***)

「奥さん、あなたはどうして、この事件に、そんな深い興味をお持ちなんですか」
 探偵が、じっと相手の眼をのぞきこんでたずねた。
「わたくし、探偵小説の愛読者ですの。岩瀬さんのお嬢さんにそのことを伺ってからというものは、まるで小説みたいな出来事に、すっかり引きつけられてしまいました。それに有名な明智さんにも御懇意になれて、わたくし、なんですか、自分まで小説の中の人物にでもなったような気がしていますのよ」
ABCDEFGHIJKLMabcdefghijklm1234567890

h6見出し

黒衣の婦人が答えた。この黒衣婦人こそ、ほかならぬわれわれの主人公「黒トカゲ」であることを、読者はすでに察していられるにちがいない。
 宝石狂の彼女は、顧客として岩瀬氏と知り合いの間柄であったので、このホテルで落ちあってからは、一そう親しみを増し、彼女のおどろくべき社交術は、早くも早苗さんを虜とりこにして、うちわの秘密までも打ちあけられるほどの仲になっていたのだ。
ABCDEFGHIJKLMabcdefghijklm1234567890

asin

「しかし、奥さん、この世の現実は、そんなに小説的なものじゃありませんよ。こんどのことも、僕は不良少年かなんかの、いたずらではないかと思っているほどです」
 探偵はいかにも気乗りうすに見えた。

黒蜥蜴 (江戸川乱歩文庫)

黒蜥蜴 (江戸川乱歩文庫)

「でも、あなたは大へん熱心に探偵の仕事をしていらっしゃるじゃありませんか。夜中に廊下をお歩きなすったり、ホテルのボーイたちにいろいろなことをおたずねなすったり、わたくしよく存じていますわ」
「あなたは、そんなことまで、注意していらっしゃるのですか、隅におけませんね」
 明智は皮肉に言ってジロジロと夫人の美しい顔を眺めた。

引用

はてなブログではデザインを簡単にカスタマイズ、共有できる「テーマストア」をご用意してます。そこでもっとおしゃれでかっこいいはてなブログを作ってみませんか?!はてなブログでは、「2019年デザインテーマコンテスト」を開催します。

平成最後?!2019年「はてなブログ デザインテーマコンテスト」開催 オリジナルデザインを投稿してAmazonギフト券、はてなグッズをゲットしよう! - 週刊はてなブログ

リスト(ul,ol,dl)

「わたくし、これはいたずらやなんかじゃ、決してないと思います。第六感とやらで、そんなふうに感じますの。あなたもよほど気をおつけなさらないといけませんわ」
 夫人も負けずに、探偵を見返しながら、意味ありげに応酬した。

「いや、ありがとう。しかし御安心ください。僕がついているからにはお嬢さんは安全です。どんな兇賊でも、僕の眼をかすめることは全く不可能です」
「ええ、それは、あなたのお力はよく存じていますわ。でも、あの、こんどだけは、なんだか別なように思われてなりませんの。相手が飛びはなれた魔力を持っている、恐ろしいやつだというような……」

  1. 金賞: Amazonギフト券4万円分 × 1テーマ
  2. 銀賞: Amazonギフト券1万円分 × 2テーマ
  3. 銅賞: はてなノベルティグッズ × 5テーマ
    1. 参加賞:グリーンスター3個

ああ、なんという大胆不敵の女であろう。彼女は一代の名探偵を前にして、彼女自身を讃美しているのだ。
「ハハハハハ、奥さんは、仮想の賊を大へんごひいきのようですね。一つ賭けをしましょうか」
 明智は冗談らしく、奇妙な提案をした。

金賞
Amazonギフト券4万円分 × 1テーマ
銀賞
Amazonギフト券1万円分 × 2テーマ
銅賞
はてなノベルティグッズ × 5テーマ
参加賞
グリーンスター3個

テーブル

「まあ、賭けでございますって? すてきですわ、明智さんと賭けをするなんて。わたくし、この一ばん大切にしている首飾りを賭けましょうか」
「ハハハハハ、奥さんは本気のようですね。じゃあ、もし僕が失敗してお嬢さんが誘拐されるようなことがあれば、そうですね、僕は何を賭けましょうか」

品名 個数
金賞 Amazonギフト券4万円分 1テーマ
銀賞 Amazonギフト券1万円分 2テーマ
銅賞 はてなノベルティグッズ 5テーマ
参加賞 グリーンスター 3個

「探偵という職業をお賭けになりませんこと? そうすれば、わたくし、持っているかぎりの宝石類を、全部賭けてもいいと思いますわ」
 それは有閑マダムにありがちな、突拍子もない気まぐれのようにも取れば取れる言い方であった。だがその裏に、名探偵に対する、女賊のもえるような闘志がかくされていたことを、明智はさとり得たであろうか。

PRE

.XXX {
  width:999px;
  height:999px;
}

.propA, .propB, .propC {
  width:999px;
  height:999px;
}

#YYY {
  width:9px;
  height:999px;
}